引越しで粗大ごみを処分するとき工夫することで処分代を安くできた体験談

            

有料粗大ごみは日常でもよく利用していましたが、引越しのときにもお世話になりました。

東京都内の場合ですが、不要品を処分するときは種類別によって処分代が決まっているので、コンビニでシールを購入してゴミ置き場の近くに出していました。

引越しのときは処分する量がかなりあるので、引越し業者に任せようとも思いましたが、引越し業者が処分すると別途費用がかかってしまい、家具によっては高く付くのもあるのがわかりました。予算を超えてしまうことがわかったので、日常のときに出すやり方で処分しました。

タンスや食器棚を処分するときは縦、横、高さで処分代が大きく異なってくるので、電動のこぎりでバラして板状にして処分しました。所定のゴミ袋に入る大きさなら、燃えるゴミとして出すことができます。

金属類なら物にもよりますが業者に連絡すればタダで引き取ってくれます。ベランダに植木の土が大量にあって粗大ゴミとして出せるものかと思っていたら、産業廃棄物扱いと言われてしまったので、友人と相談して庭に撒いてもらうことで解決しました。

粗大ごみを出すときは売れる物は売り、タダで引き取ってもらえるのはタダで、バラして燃えるゴミとして出せるなら、バラすなどして工夫すれば処分代をかなり節約できます。

どうしても残ってしまったものは、有料の粗大ゴミにして個別に出しました。それでもかなり安くなったので、何も考えずに粗大ゴミを出すより得しました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です