有料粗大ゴミ処分業者で見積りを出してもらった時の体験談

            

念願のマイホームを購入したため、家具の全般を買い換えようということになり、行政の粗大ゴミ受付センターに頼みました。

その準備をしている時に気が付いたのですが、家電リサイクル法の対象品目とパソコンリサイクル法の対象品目は行政では引き取ってもらえないことがわかりました。家電の対象品目は、エアコンや薄型テレビ、冷蔵庫、洗濯機などで、パソコンの対象品目は、デスクトップやノートパソコン、ディスプレイ、コードやマウス、キーボードなどのパソコン小物も引き取ってもらえません。

なので、引き取ってもらえない家電とパソコンは有料粗大ゴミ処分業者にお願いしようと探している時に気付いたのですが、家の近くに行政以外の粗大ゴミ処分業者がなく、一番近いところで探した有料粗大ゴミ処分業者に見積りをお願いしたら、「合計で5万円します」と言われました。その額を聞いた時はビックリしました。

しかし、タイミングよく外から「不用になった家電や電化製品など無料で引き取ります」と軽トラックで回っている粗大ゴミ処分業者が通りました。

窓の外から呼び止め、家電や電化製品を引き取ってもらえるか聞くと「いいですよ」と引き取ってもらえました。

しかし、電化製品の洗濯機や冷蔵庫の一人で運べない物は後日、二人組で来て引き取りにきてくれました。有料粗大ゴミ処分がこんなに値段が高いとは思っていなかったので、ビックリしました

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です