結局は粗大ごみ回収業者の都合

            

大学生活を終え、新天地への引越しをしていた時の話です。

使えるものは次の家に送り、要らないものは処分しようということになったのですが、時期的に廃棄業者のチラシがポストに入っており依頼することに。

無料で引き取りますとのことだったのに、電話でお願いした小型の冷蔵庫を実際見た途端、これは廃棄なので家電リサイクル料金がかかりますとのことでいきなり請求され、話が違うのにと思いながらも面倒くさいのでしぶしぶ支払い、その他小物を処分を依頼しました。

その後、シングルベッドも要らないという話になったので持って行ってもらおうと思い、再び連絡すると、それは受け入れられないので自分で廃棄場まで持ち込みしてくださいとのこと。

そんなことあるのかと思いながらも、車を持っていなかった私は大きい車を持っている友人に依頼して1時間かけて郊外の処分場まで持ち込み、もちろん処分料を支払い廃棄しました。

親切な謳い文句を言いながら、都合の悪いことは平気で手の平を返す、これが業者のやり方なのかなぁと悲しくなった体験でした。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です