粗大ごみの中にもお宝が

            

先日田舎に一人暮らししているおじいさんが亡くなりました。長い事一人暮らしをしていて、家の中にはおじいさんの趣味の物がたくさん出てきました。

倉庫まで借りて集めていた釣竿や、若いころに使っていただろうバイクのレプリカなどお宝が眠っていました。

しかしおじいさんはもういなので、自分たちに残してくれたものとして、処分してお金にしようと考えました。

ある程度の物は売れましたが、意味の解らないタンスや、骨董品だろうけどお金の価値ない物などは残ってしまい、粗大ごみ業者に取りに来てもらいました。

倉庫一戸分の粗大ゴミですから、相当な金額を取られることを覚悟して見積もりを出してもらったら、その業者はリサイクルショップも経営している方だったので、すべて引き取ってもらうことにしました。すると!ガラクタなのにプラスになることが判明しました。

前にお金に変えて売れ残ったものの中に、お宝が潜んでいたようです。(と言う事は、前の業者が見積もり判断ミスだった)
おかげで綺麗になって、お金ももらえたことをおじいさんに感謝しました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です