引っ越しを機にソファーを有料粗大ごみで処分した時の体験談

            

我が家には、合皮の白い3人がけのソファーがありました。合皮ということもあり、経年劣化でよく座る部分の皮面がボロボロ剥がれてくるようになったので処分することを決意しました。

しかし我が家は2階に住んでいたので3人がけの大きなソファーを1階まで下ろすということが、重労働でした。そんなある日、引っ越しをすることが決まり思い切って有料粗大ごみで処分することを決めました。まず自治体へ電話連絡をして、日時と場所の指定をされました。

次に料金シールを貼るよう指示をされたので、シールの購入をしました。引っ越しをする時が冬だったため、外へ処分するソファーを運んだ後に大雪が降ってしまい大変な目に遭いました。

運び出したソファーにも雪が積もり、料金シールも雪で見えなくなり剥がれてきていたのです。回収してもらう際、雪と一体化してしまっている白いソファーを回収者の方に持って行ってもらえないと困るので、ソファーの上に積もった雪もきれいに下ろしておきました。

ソファーはだいぶ濡れてしまいましたが、時間になると回収車が来て回収して行ってくれました。我が家では、今でも粗大ごみを出す時は冬を避けようとしてしまいます。このような経験を踏まえ、大型家具の買い替えなどを検討しています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です